出産祝・出産内祝い

「出産祝い・出産内祝い」知っておきたいギフトマナー

新しい生命の誕生は、そのご家庭での喜びはもちろん、周囲を明るくするビッグニュースです。天使のような赤ちゃんをひと目見たいと、早速お祝を持って駆けつけたいところですが、母体の疲労などを気 遣う心配りも大切です。

出産祝い

赤ちゃんやママに心を込めた素敵な贈り物を・・・
出産祝いは通常、産後7日以降~お宮参りを行う1ヶ月後までに贈ります。産後の疲れや、赤ちゃんとの生 活リズム整えたりと、ママの体調などを気遣う思いやりも大切。直接会って渡したい場合はママと赤ちゃんが 退院して、2~3週間後ぐらいに伺うとよいでしょう。親族や親戚場合、寝具やベビーカーなど少し高価で長く使える物を選ぶのがおすすめ。また、友人や知人の場合は、1~2年後に着られるようなベビー服やおもちゃ、絵本などを贈るのもよいでしょう。その他、産後忙しく買い物に行くのが大変なママあてに洋服や化粧品 など、親しい仲であればこそできる贈り物も喜ばれることでしょう。

出産内祝い

出産後1ヶ月くらいしたら、出産内祝いをします。
出産内祝いは、もらったお祝いに対するお返しではなく、赤ちゃん誕生の喜びを親しい人たちにおすそ分けす るというのが本来の意味でした。
しかし、最近ではお祝いをしてくれた人たちだけに贈るのが一般的になっています。

のし紙

婚礼関係以外の一般のお祝いには、何度繰り返しても良いとの願いから、簡単に解けやすく結びやすい花 結びや鮑結びを用いる。

贈答様式 表書き 慶弔用品
初着を贈る 御初着 のし紙: 花結び祝
祝い品を贈る 出産御祝
御祝
御出産お祝
御安産お祝
御誕生お祝
祝い金を贈る のし袋: 花結び祝
金 封: 赤白花結び
赤白あわび結び
のし袋: 白無地
退院時の病(産)院の医師・看護士への謝礼 御礼
祝い返し 内祝
出産内祝
のし紙: 花結び祝
掛 紙: 御赤飯字入
のし紙


花結び祝(祝い返しとも)